韓国の男性アーティスト

東方神起が解散した本当の理由とは?ペンは解散の真実が知りたい

韓国の人気男性デュオであり
アジアのトップアイドルにまで
上り詰めた東方神起。

待望の新曲である「Reboot」はドラマ「明日の約束」主題歌に起用

2017年の「FNS歌謡祭」にも出演されていましたよね。

2005年のデビュー以降、日本国内でも活動されており、
海外グループとしての
シングルの総売上枚数は歴代1位となっています。

私も、デビュー当時から彼らのことは知っていましたが、、、
旧メンバーの「ジェジュン」さんは、特にイケメンで
クラスでも人気があったような気がしますね。

私の母親もジェジュン推しだったみたいです、、、

当時の「東方神起」は、
今ほどの人気は無かったような気もしますが、、

当時からメンバーは日本語が上手で、
当時からこのグループは伸びるだろうなー、と
個人的には思っていましたが、、、

メンバー全員がイケメン&長身で歌やダンスも抜群の
「東方神起」は、現在のK-POPブームの
先駆けと言えるかもしれません。

韓国のグループはあまり詳しくない、けど、
東方神起だけは知っている、
という方も多いのではないでしょうか?

そんな「東方神起」ですが、
2010年にメンバー3人が脱退し、
現在は、男性デュオとして活動することに、

メンバーが分裂し、一時時期は不仲説が囁かれるなど、
危機に瀕していたことも、
一体、彼らに何があったのでしょうか?

今回は、東方神起の解散理由について
ネット上の情報などをまとめてみました!

東方神起が解散したのはいつ頃だった??

人気アニメである「One Piece」主題歌も歌っていた東方神起

2010年4月から、無期限の活動休止を発表しています。

5人での東方神起としては、事実上の解散となりましたね。

メンバーのジェジュン、ユチョン、ジュンスの3名が脱退し、
2011年に活動を再開するも、
リーダーの「ユンホ」(ユノ)さんと「チャンミン」さんの2名での再スタートとなりました。

解散した理由は、メンバーの方向性の不一致などと言われていますが、、、

一時期、ささやかれていた、メンバー同士の不仲が解散の理由
というのは、どうやら違っていたみたいです。

東方神起の解散理由(原因)まとめ!その後の活動も

所属する「SMエンターテインメント」と
契約内容で揉めていたという東方神起。

「SMエンターテインメント」は「SHINee」などが所属する
韓国の大手レコード会社です。

脱退した(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)3名は、この時期に
別の事業(化粧品ビジネス)にも取り組まれており、
事務所にナイショにしていたことが不味かったようですね。

もちろん、本当の解散理由は、
当人たちにしか分からないことなのでしょうが、、、

最終的に事務所への訴訟を起こし、
脱退した3名は「JYJ」として活動されています。

現在の東方神起のメンバーは、2015年から2年ほど、
兵役を理由に活動休止していたようですが、
2017年に、無事に復活を果たされたみたいです。

2年間のブランクも、二人にはあまり関係ないみたいですね。

ダンスのキレも抜群のようです。

二人がさらにレベルアップして帰ってきてくれて嬉しい

FNSでの二人ダンスを見るまで、興味がなかったけど、
あんなに格好いい人たちだとは思わなかったー。

一方の「JYJ」は、メンバーのユチョンさんが
スキャンダルで人気を落としてしまい、
活動にも陰りが見え始めた、の声も。

まとめ

韓国で次々と新アイドルグループが誕生する中で、
今も安定した人気を誇っている東方神起。

本当に息の長いグループですよね。

未だに5人での活動を望むペンも多い半面、このような声も

5人の東方神起が好きなペンの気持ちも分かるけど、
残った二人、(ユノとチャンミン)に失礼
グループを抜けた3人の意志も尊重して欲しいなー。

5人のままで活動を続けていたら、また違ったグループになっていたのかもしれませんね。

色々と不幸が続いた「東方神起」ですが、
辛い出来事もバネにして、頑張っていただきたいですね。

というわけで今回は、韓国男性グループである
東方神起が解散した理由などをまとめてみました! 

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

当ブログについて

主に、韓国で活動されているタレントや
ブームになっている物事をまとめています。

お気に入りの記事は、
SNSボタン(以下)で、
共有していただけると嬉しいです。