優雅な一族16話(最終回)あらすじや感想!犯人は〇〇だった?

韓国ドラマ 優雅な一族

韓国ドラマ「優雅な一族」の最終回(第16話)のあらすじや感想についての記事です。

2019年に韓国MBNで放送され、日本のBSでも放送されているこのドラマ。

1話から見ていて、最終回の前に結末が知りたくなったそこのアナタ!!

全話見た私が「優雅な一族」最終話(第16話)のあらすじなどを、ネタバレにならない程度にお伝えしますね!

「優雅な一族」最終16話のあらすじ!最終回は悲しくも感動の結末に

「優雅な一族」の第16話では、ジェリムの命を奪った真犯人が明らかになります。

ソッキとユンドの復讐がはじまり、ひとり残されたワンスは悲しい選択をすることに。

TOPの幕をおろしたジェグク(ハン常務)は、事件の証拠とともに姿を消します。

韓国ドラマ「優雅な一族」第16話のあらすじ↓

(回想シーンからスタート)母親の「ヨンソ」が美術館の館長になったことを祝うワンジュン。

一方ワンスは、泣き崩れるヨンソから「後継者に相応しくない」と突き放されショックを受ける。

ジェリム(ソッキの母)に離婚を求めるヨンソとワンス。ワンジュンもジェリムに会う。ジェリムの遺体を発見したチョルヒは、ジェグクに処理を依頼する。

(現在に戻ってくる)

TOPの面々に就任式の確認をするジェグク。次男ワンジュンの会長就任に向けて、モ会長の株の譲渡を進めていた。

一方ソッキとユンド、ニュースパッチのメンバー、刑事はジェリムを襲った真犯人を特定しようと、犯人候補の3人に当日の話を聞き探りを入れることに。

真相にたどり着いた「ソッキ」たちは、就任式に現れて・・・。

最終回を見た感想!推理をメインにして欲しかったかも

真犯人をさがす「本格推理もの」というよりソッキが逆襲する「復讐もの」という感じでした。

この手のドラマは「梨泰院クラス」にあったので、すこしパンチが足りなかったなぁ。

最後のほうは犯人探しに焦点が合い、推理ものっぽい雰囲気が少し出ましたが・・・。

そっち(推理)をメインにしてくれたほうがわたし的には興味が持てたかな・・・。

ハン常務をいかに倒すか

だいたい、ハン常務がナゾ過ぎます。彼女はもともと判事。

出世の見込みがなく絶望していたところに、MCグループに誘われてやってきました。

その後は権力をほしいままにし、なんでもやりたい放題。

根底にはMCグループのために、という一心があったのは確かでしたが・・・。

グループを守るためにいろいろと罪を犯したハン常務ですが「どうやってこれほどの権力を握ったの?」「そこまでする??」と疑問に思うことが多かったですね・・・。

解せなかったなぁ。

女性という理由で法曹界で活躍できなかったのに、MCグループでは権力の頂点を極めたから「全能感に酔いしれていたのかな?」とも思いました。

「優雅な一族」は、このハン常務にいかにして打ち勝つか、という作品でしたね。

これほどの権力を持ち機動力もあるのだから、ソッキとユンドを黙らせるなんて簡単なのでは・・?

ともツッコミたかった。(^_^;)

ユンドを応援したくなった

イ・ジャンウが演じたユンド弁護士は、幼いころに母親を服役という形で失い、韓ドラ特有の因果でMCグループに就職しました。

ハン常務の下で働きながら、ソッキと結託して真実にせまろうとするのですが・・・。

ユンドの人柄が大変よかったので、応援したくはなりましたね。特にラストシーンは感動ものでした。

「優雅な一族」の登場人物やキャストをおさらい

イム・スヒャン(モ家の長女ソッキ)
イ・ジャンウ(母の無実を証明したい弁護士のユンド)
ぺ・ジョンオク(リスク管理チームTOPの長ジェグク)
チョン・ウォンジュン(MCグループの会長モ・チョルヒ)
ムン・ヒギョン(チョルヒの後妻ハ・ヨンソ)
イ・ギュハン(モ家の破天荒な長男ワンス)
キム・ジヌ(会長の後継者候補の次男ワンジュン)
パク・ヘナ(ソッキの母ジェリム)

参考:優雅な一族のあらすじや感想!イケメン子役などのキャストもまとめ

というわけで今回の記事では、韓国ドラマ「優雅な一族」の最終回(第16話)のあらすじや感想などを紹介しました!

また追加の情報があれば、アップしたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。