女優のシンヘソンってドラマで日本語を話しているよね?プロフィールを調査

シン・ヘソン 女優

人気急上昇中の女優シン・ヘソン。

彼女が出演するドラマは、日本でも放送されていますね。

人気者のヘソンちゃんですが、いくつかのドラマで日本語を上手に話していました。

韓流大好き「りさ子」
韓国人役のシン・ヘソンよりも、日本人役の女優の方が日本語がヘタでつまづきそうになった。笑

一体なぜ、彼女は日本語が上手なのでしょうか?気になりますよね。

「日本とのハーフなのかな?」「日本に長くいたの?」いやいや違うんですよ。

今回は、国民の娘こと「シン・ヘソン」が日本語を上手に喋れる理由や、プロフィール情報を調べました。

シン・ヘソンが日本語を上手に話せる理由とは?

まず前提ですが、男性グループ「神話」のメインボーカルであり祝日に家族に紹介したいスター10位に選ばれたシン・ヘソンさん(女優のシン・ヘソンと同姓同名)も日本語が話せます。

日本でデビューしたり、歌手の清木場俊介さんとコラボしたこともあるシン・ヘソンさん。

彼の日本語が上手でも特におどろきはしないのですが・・・。

女優のシン・ヘソンが日本語を話せる理由!日本が好きだから?

女優のシン・ヘソンが日本語を話せる理由は「日本が好きだから」だと思います。

姉と父母の4人家族だというヘソンちゃんですが、両親が日本人という情報は見つかりませんし、日本に留学していたという話も聞いたことがありません。

子供時代はジブリやワンピースなどのアニメが大好きで、マンガ家になりたかったというヘソンちゃん。

気になったセリフや単語を調べるなどして、自然に日本語を覚えたのではないでしょうか?

好きな食べ物もラーメンみたいですよ!

シンヘソンのプロフィール

名前:シン・ヘソン
生年月日:1989年8月31日
身長:173cm
出身:ソウル特別市
学歴:世宗大学・文化映画芸術学科
事務所:YNKエンターテインメント

 

自らプロフィールを作ってエージェンシーの戸を叩くも書類審査で落選するなど、チャンスすら与えられなかった苦労人として知られるシン・ヘソン。

2012年にテレビドラマ「ゆれながら咲く花」でデビューしました。

日韓を舞台にしたドラマでは、難しい日本語を話していたヘソンちゃん。

このドラマを見ていた時期に「相続者たち」でのパク・シネのカタコトの日本語を聞いた私は、その差に衝撃を受けましたね。

日本好きなだけでなく、陰で猛練習するタイプなのでしょう。

このような声も↓

韓流大好き「りさ子」
「彼女は綺麗だった」でのシン・ヘソンはイヤな役だったけど、
「黄金の私の人生」での迫真の演技を見てスゴいって思った。

まとめ

2021年5月現在は、シン・ヘソンの主演ドラマ「ただひとつの愛」がBSで放送中。

あらすじ:健気に生きるものの手助けをしてはトラブルを起こす天使ダン(キム・ミョンス)は、地上での任務を終え天国に戻ることに。しかし、事故に巻き込まれた悲劇のバレリーナ「ヨンソ」(シン・ヘソン)が助けを求めるのを聞いて、命を救ってしまう。ルールを破り消滅の危機を迎えるダンだが、100日以内にヨンソに真実の愛を教えることで天国に戻れると知る。人間の姿になり、ヨンソの家の住み込み家政婦になったダン。ヨンソは信頼する秘書を亡くし、性格が歪んでいた。一方バレエ団の芸術監督である「ガンウ」(イ・ドンゴン)はヨンソをバレリーナとして再起させようとする。

ヘソンちゃんは、このドラマでも上手な日本語を披露していました。

今後の彼女がどんな日本語を話すのか、今から楽しみですね♪

というわけで今回の記事では、韓国の女優シン・ヘソンが日本語を上手に話せる理由についてまとめました。

おすすめ記事とスポンサーリンク

当ブログの説明

主に、韓国で活動している有名人や
話題の物事などについてまとめています。

お気に入りの記事は、SNSボタン(以下)で、
シェアしてもらえると嬉しいです。

シェアしてくれると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。